クモヤ143-4

まさかの0番台「湘南色」。

コツ

2011年4月 廃車回送実施

国府津

車両センター

最終更新

2017.6.13

▲Before(2006年9月)
(他のクモヤ143と遜色ない外観だったが…/画像提供:@cupmen1000様)
▲After(2007年8月)
(2007年の入場時、まさかの湘南色に塗り替えられた。/画像提供:@cupmen1000様)

  車両紹介

 

 湘南色のクモヤといえば、松本に在籍するクモヤ143-52(50番台)が有名である。しかし0番台にも一両だけ、湘南色が存在した。それがこのクモヤ143-4で、2011年まで国府津車両センターに所属、同所~国府津駅間の職員輸送に使用されていた。塗装は落成から一貫して青15号+黄5号であり、他のクモヤ143と遜色がなかった。しかし晩年に湘南色で出場し、一躍特異な車両に。国府津には昔から東海道線用の車両が在籍しているため、「湘南色」の伝統に倣ったのかもしれない。

 

 塗装変更後も、職員輸送や国府津車両センター内の操車を担当。また、2009年頃には東海道線(横浜~国府津間)の開業120周年を記念して、両端で異なるヘッドマークも取り付けられた。

 

 しかし職員輸送の廃止にともない、鎌倉車両センターのクモヤ143-56とともに廃車回送された。残念ながら0番台+湘南色の貴重な組み合わせは、5年ほどで見納めとなっている。

▲廃車のため、一旦国府津から大船へ向かう。
(2011年4月/画像提供:@WrChs様)
▲3両まとめて廃車回送された。
(2011年4月/画像提供:南越後の乱入王様)

  略歴

 

1977年3月

日立製作所で落成、品川電車区へ配置される

 

1978年3月

幕張電車区へ転属

 

1980年2月

津田沼電車区へ転属

 

1986年11月

国府津電車区(2004年に国府津車両センターに改称される)へ転属

 

2007年8月

湘南色に塗り替えられ、東京総合車両センターを出場

 

2011年4月

鎌倉センターのクモヤ143-56とともに長野総合車両センターへ廃車回送される

 

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています