クモヤ143-6

脇役にも、ささやかなHMを。

クラ

2011年4月 廃車回送実施

鎌倉

車両センター

最終更新

2018.1.13

▲横須賀線120周年のHMがついたことも。
(画像提供:@WrChs様)

  車両紹介

 

 クモヤ143-5とともに、鎌倉車両センターに在籍していた車両である。同センター~大船駅間の社員輸送に従事していたためか、後年には車内に吊革や長椅子が設けられた。また冷房機も設置されており、その放熱用として側面窓もルーバーに変更されている。

 

 写真は2010年頃の姿で、横須賀線の大船~横須賀間開業120周年を記念し、E217系だけでなくクモヤ143-6にもヘッドマークが取りつけられた。しかし2011年、EF64の牽引によりクモヤ143-5、6、そして国府津車両センターのクモヤ143-4(湘南色)の3両がまとめて輸送され、廃車となった。

  略歴

 

1978年3月

近畿車両で落成、池袋電車区へ配置される

 

1986年11月

大船電車区(2006年に鎌倉車両センターへ改称される)へ転属

 

2011年4月

廃車のため、同センターのクモヤ143-5、国府津車両センターのクモヤ143-4とともに長野総合車両センターへ配給輸送される

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています