クモヤ145-1004

1000番台の異端児。

ミハ/Z4編成

撮影難易度★★★★★

網干総合車両所

宮原支所

最終更新

2017.9.10

ATS-P/S 

▲2017年に網干で検査を受け、試運転の先頭に立った。
(2017年9月/@山陽線 網干~竜野)

  車両紹介

 現存するクモヤ145-1000番台は吹田に集約されているが、この1004だけは網干総合車両所・宮原支所の所属である。吹田車とは車両の向きが異なり、1004は山陽線において門司方が前位となる。また、2017年8-9月の入場中に通風器が撤去され、吹田車との違いが目立つようになった。

  略歴

 

19**年

モハ90537として落成

 

1959年6月

三鷹電車区に在籍中、クモハ101-14に改められる

 

1980年12月

広島工場でクモヤ145-4に改造されたのち、高槻電車区へ配置される

 

2000年5月

吹田工場でモーターがMT46からMT54に交換され、原番号+1000となる

 

2012年10月

吹田総合車両所の一般公開で展示される(381系日根野車と連結)

2017年9月

網干総合車両所での検査を終え出場(通風器が撤去される)

 

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています

📷 gallery #クモヤ145-1004

(記事はこちら)​