クモヤ145-1104

新天地、吹田へ。

スイ

撮影難易度★★★

吹田総合車両所

本所

最終更新
2022.1.27

ATS-P/S 全検2018.12

2021.8.24.jpg
▲奈良から吹田へ転属後、方向転換が行われた。
(2021年8月/@北方貨物線 宮原操~塚本)

  車両紹介

 

 吹田総合車両所本所のクモヤ145である。長らく奈良支所に在籍していたが、クモヤ145-1001・1007の廃車に関連し、2021年7月に吹田へ転属した。

 ほとんどが引退した東日本・東海車に対し、近年まで西日本のクモヤ145は高い現存率を保っていた。しかし、2021年には複数が廃車となり、1104のように転属するケースも出ている。

 なお、このクモヤ145-1104は従来の吹田車と向きが異なっており、転属の一ヶ月後には方向転換された。

▲奈良時代のクモヤ145-1104。後ろの吹田車とは向きが逆であった。
(2018年12月/@東海道線 島本~山崎)

  略歴

 

1962年10月

モハ101-148として日本車両で落成、三鷹電車区へ配置される
 

1982年4月

幡生工場において改造名義でクモヤ145-104となり、高槻電車区へ配置される
 

2000年5月

吹田工場で主電動機がMT46からMT54に交換され、原番号+1000となる

2009年8月

吹田工場を出場

▲吹田から奈良へ戻る、2018年の出場回送。中間に1104。
(2018年12月/@大和路線 三郷~王寺)

2014年9月

103系4両(近ナラ)とともに吹田総合車両所本所を出場

2018年12月

吹田総合車両所本所を出場

2021年7月

吹田総合車両所本所に転属

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています

クモヤ145-1104 これまでの撮影記録

2018090700003447d.jpg
▲奈良時代の定位置はとんでもなく奥、なかなかとらえづらかった。
(2018年9月/@吹田総合車両所 奈良支所)
クモヤ145-1303s.jpg
▲操車中。
(2018年12月/@吹田総合車両所 奈良支所)