クモヤ145-1126

113系の入出場に使われ…ないんです。

フチ

撮影難易度★★★★

福知山

電車区

最終更新

2018.3.21

ATS-P/S 全検2014.11

▲後ろの吹田車(クモヤ145-1003)とは、上げるパンタが異なる。
(2018年3月/@東海道線 高槻~島本)

  車両紹介

 

 福知山電車区のクモヤ145である。101系からクモヤ145への改造はもっとも遅く(1986年)、実質ラストナンバーである。

 同区の113系はATS-Pを搭載していないため、入出場時はクモヤ145が連結される。しかし常に吹田のクモヤを使用するため、1126が本線に出ることは滅多にない。

 検査はほぼ4年周期で行われている。2014年の入場中(全検)には吹田本所の一般公開が行われたため、この1126も展示された。また、2018年には重要部検査を受けたとみられ、出場している。

 走行時は基本的にエンドマーク側のパンタを上げるようで、これは関西各所のクモヤ145とは逆である。

 

  略歴

 

1963年2月

日本車両でクモハ100-158として落成、下十条電車区へ配置される

 

1986年5月

幡生工場でクモヤ145-126に改造され、福知山運転区へ配置される

 

2000年6月

吹田工場で主電動機がMT46AからMT54に交換され、原番号+1000となる

 

2011年1月

吹田工場での検査を終え、同時期に入場していた福知山電車区の113系と連結し出場

 

2014年11月

吹田総合車両所の一般公開で展示されたのち、同所での検査を終え出場

2018年3月

吹田総合車両所での検査を終え出場

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています

クモヤ145-1126 これまでの撮影記録

▲福知山の車両たちと。
(2015年10月/@福知山電車区)