クモヤ145-116

中原の愛され者。

ナハ

2013年2月 廃車回送実施

中原

電車区

最終更新

2016.8.1

▲入出場くらいしか走行シーンを見ることができなかった。
(2007年2月/画像提供:@cupmen1000様)

  車両紹介

 

 かつて中原電車区に所属していた事業用車。クモヤ143が主流の首都圏において、クモヤ145は少数派だった。このクモヤ145-116はリモコン式のマスコンで運転できるという珍しい車両で、以前、中原電車区のイベントで実演されたこともある。また、ミュージックホーンを鳴らすことも可能であった。

 そんな特徴車だったが、2013年に廃車・解体のため長野総合車両センターへ輸送されている。その際、中央線高尾以西の低断面トンネルを通過するためか、パンタグラフは外された。

 クモヤ145-116の廃車後、中原電車区構内の入れ替えは南武支線の205系2連が担当しているようだ。

▲EF64 1031の牽引で、長野総合車両センターへ廃車回送される。
(2013年2月/画像提供:Kerotan様)

 廃車回送の少し前には、電車区のフェンスにクモヤ145-116を紹介するポスターが貼り出されたほか、お別れを感じさせる「39145」 や「5963M」といった列番を表示していた。

​ 職員にとっても、思い入れのある車両だったに違いない。

  略歴

 

1962年8月

モハ100-136として近畿車両で落成し、池袋電車区へ配置される

1964年11月

中野電車区へ転属

 

1984年6月

大井工場にてクモヤ145-116へ改造される。所属は中野電車区のまま

 

1986年3月

中原電車区へ転属

2003年4月

大井工場での検査を終え出場

2007年3月頃

東京総合車両センターでの検査を終え出場

2010年9月

大宮総合車両センターでの検査を終え出場

2013年2月

EF64 1031の牽引で、長野総合車両センターへ廃車回送される