クモヤ145-121

カキ

2008年4月 廃車

大垣

車両区

最終更新

2019.2.8

双頭連結器

▲大垣電車区にて。313系とのショットが、今となっては新鮮。
(2005年11月/画像提供:@manbowsiriusagi様)
▲JR東海のクモヤ145唯一の双頭連結器。
(2006年2月/画像提供:211系0番台の部屋様)

  車両紹介

 

 かつて大垣車両区に在籍していたクモヤ145である。双頭タイプの連結器を備え、冬季には飯田線の霜取り列車にも充当された。

 JR東海にはこの121のほか、112(神領)と122(静岡)が存在していたが、2008年に全車廃車となった。

  略歴

 

1961年11月

クモハ100-116として近畿車両で落成し、淀川電車区へ配置される

 

1984年1月

名古屋工場にてクモヤ145-121へ改造され、大垣電車区へ配置される

2008年4月

廃車となる

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています

▲飯田線の霜取り期間中の交検回送(伊那松島→大垣)。
(2006年12月/画像提供:@manbowsiriusagi様)
▲1987年の大垣電車区一般公開にて、クヤ165-1と並ぶ。
(1987年8月/画像提供:@tentenw様)