クモヤ143-5

墓場まで、お供します。

クラ

2011年4月 廃車回送実施

鎌倉

車両センター

最終更新

2018.1.13

▲長野に輸送される253系の伴車を務める。この帰りは単行、鎌倉車セまで一人旅だった。
(画像提供:Kerorin様)

  車両紹介

 

 幕張電車区に新製配置され、その後大船電車区(現在の鎌倉車両センター)にやってきたクモヤ143である。大船へ移った1980年代は、電車において電気指令式ブレーキの採用が増えており、クモヤ143にも順次、対応改造が行われた。またブレーキ読み替え装置が新設されており、クモヤ143-5は後年、「成田エクスプレス」から離脱した253系の配給輸送に使用されている(EF64の次位に連結)。この配給は2009~10年に行われたが、中央東線を経由するため、クモヤ143-5のパンタグラフはPS23に取り替えられていた。

 この他、クモヤ143-6とともに操車や職員輸送を行っていたが、2011年にクモヤ143-5、6、そして国府津車両センターのクモヤ143-4(湘南色)とともに廃車回送された。

  略歴

 

1978年3月

近畿車両で落成、幕張電車区へ配置される

 

1986年11月

大船電車区(2006年に鎌倉車両センターへ改称される)へ転属

 

2009年12月~(複数回)

離脱した253系の配給輸送に使用される

2011年4月

廃車のため、クモヤ143-4クモヤ143-6ともに長野総合車両センターへ配給輸送される

 

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています