クモヤ143-8

トウ

撮影難易度★★★★★

東京総合

車両センター

最終更新

2019.7.11

ATC/ATS-P/SN 電気指令ブレーキ 全検2013.4/要検2017.8

▲TKの保存車、クモハ12052と顔を合わせた。
(2017年8月/@東京総合車両センター)
▲東京都心をクモヤ143が走る機会もめっきり減った。
(2018年6月/@新宿)

  車両紹介

 

 関東のクモヤ143・145は2008~2013年に相次いで淘汰され、すっかりその数を減らした。その中でクモヤ143-8は、幸運にも現存する一両である。

 かつて、幕張車両センターでは久留里線用DC(キハ30・37・38)の車輪転削を行っており、同所のクモヤ143が牽引を務めていた。しかし2008年にクモヤ143-1319が廃車となって以降は、クモヤ143-8をはじめ、東京総合車両センターのクモヤが担当するようになった。

▲幕張のクモヤに替わり、久留里線のキハを牽引していたこともある。
(2010年7月/画像提供:河内様)

 しかし、2012年にキハ30・37・38が引退したことで、その役目も終了。活躍の場が狭まる中、2013年には高崎車両センターへ貸し出された。この時、クモヤ145-107が検査入場していたため、代役といえる。季節は秋。あと数ヶ月ずれていれば、吾妻線の霜取りに充当されたかも…?そう考えると残念(笑)

 この2013年10~11月以降、クモヤ143-8は久しく姿を見せていなかった。しかし2016年6月に中野電車区での連結訓練に使用され、約3年ぶりに本線を走行。以後、4年連続で同訓練に使用されている。2017年には大宮で要部検査を受けており、健在である。

▲ここ数年、6月に中野電車区へ出張することが恒例となっている。
(2019年6月/@中央線 中野~高円寺)

  略歴

 

1978年3月

近畿車両で落成し、品川電車区へ配置される

2008年8月

クモヤ143-8+マヤ50-5001+クモヤ143-21の組成で鶴見線を検測

2012年12月

クモヤ143-8+クロ157-1+クモヤ145-114+クモヤ143-9の組成で田町車両センタ~東京総合車両センターを走行

 

2013年10~11月

高崎車両センターへ貸し出される

(同所のクモヤ145-107が検査入場したことにともなう代役)

2016年6月

中野電車区へ出張、訓練に使用される

2017年6月

中野電車区へ出張、訓練に使用される

2017年8月

大宮総合車両センターでの検査を終え出場

2018年6月

中野電車区へ出張、訓練に使用される

2019年6月

中野電車区へ出張、訓練に使用される

※工場・車両基地の名称は当時のまま記しています

📷 gallery #クモヤ143-8